医師になるための努力

医師になるためにすること

トップ / 医師になるためにすること

医師として開業するには

難易度の高い医学部の入試をクリアし、6年間の大学の勉強を経て卒業したら、研修医として勤め、やっと一人前の医師になることができます。この工程は本当に苦労するのです。親や親戚が医院を持っている場合、そのまま、その医院を引き継ぐようになるのでしょう。中には、総合病院などにしばらくいて、腕を磨き、継ぐ人もいます。また、自分で開業する人もいます。医院をやるためには、それなりの準備が必要になります。建物や設備などで多額の費用が必要で、中には1億円もかかる場合もあります。それは自分の専門科にもより、精神科などは意外に設備投資の必要がなかったりします。開業医の医師としてやっていくには、かなりの労力とお金が必要になります。

医院を開業するときの問題点

医師が自分の医院を持つときは、大きな費用がかかることが多いと言われています。医院を開業するのにかかる費用の中で最も費用がかかるものは、医療機器です。一括での支払いが難しい場合は、リースをする医師も多いようです。また、看護師や事務員など、必要な人材を確保することも簡単ではないようです。ハローワークなどで求人募集を出しても、なかなか良い人材が集まらないということもあるようです。そして、診療を開始しても肝心の患者さんが来てくれるだろうかという心配もあります。医院の開業は、簡単なものではないと言えるようです。

医師と病院の情報