医師になりたい学生

医師と病院の意義について

トップ

病院や医師の意味と存在価値

ごく普通に生活していれば、病気になったり怪我をして病院に行って診てもらう事は当然の事なのでしょう。そこで、病院や医師がこの世の中にとって、どれだけ大事なのか?それは、この世の中にとって強い意味を持っているのです。また、病気や怪我を治してくれる大切な手段であり、その病気や怪我の専門医だからなのでしょう。もし、この世の中に病院や医師がいなかったら、みなさん市販のお薬に頼るかはたまた自力で治す以外考えられないのでしょう。ですから、この世の中にとって良い意味を持っており、かつ存在価値がたくさんあるのです。そして、その存在価値をいつまでも大事にして行かなくてはならないのでしょう。

医者になる意味を考える

医師という職業に憧れ、一生懸命勉強をして何十倍もの入試を突破し、難関の大学に入学をします。そして、6年間の多忙な学生生活を終え、国家試験をパスし、研修医としての期間をこなして、一人前の医者になります。ふと医者になる意味を考えたとき、「世の中に貢献する」とか、「人の命を救う」とかという人が多いのですが、中には「高収入を得るため」と考える人がいるのも確かです。やはり、医者になる者は優秀なだけではなく、人間としての人格形成も完成していなければなりません。利潤追求だけではなく、人間として大切なこと、人を思う気持ちや思いやりを持って、仕事をしてほしいものです。今一度、医師になる意味を考えましょう。

医師と病院の情報